立命館大学 国際関係学部 英語の対策

立命館大学 国際関係学部 英語の対策

立命館大学の英語は、文系・理系ともに、傾向に大きな違いはありません。どの学部もほぼ内容となっています。難易度はどこの学部でも標準的な問題が多いため、他受験生との差がつき難いことが特徴です。

立命館大の英語は長文読解と別に文法や語法問題がそれぞれにきっちり独立して構成されており、読解問題は読解力、文法問題は文法力と、受験生に求められている力が各設問によってかなりはっきりと色分けされています。

「長文読解問題」は、精読が重要

長文読解問題は、主に約700語と約600語の2題構成です。

制限時間内に解くには速読即解力が不可欠ですが、内容正誤や指示語の問題も多く、精読し、正確に文脈を把握する力も求められます。

一題は時事的なテーマが多く、もう一題は物語や小説などの比較的軽めのものが多いです。

立命館では長文問題に「本文からでは適当か不適当か判断のつかないもの」を選ばせる立命館独特の内容一致問題が出題されます。明確な根拠を持って答えられるようにしましょう。

ただ、総体的には文脈を追えば容易に回答できる基本~標準的な設問も多いです。

文脈把握力と構文力が問われる同志社・関大タイプとは異なり、長文問題では文脈の流れを掴みながら大量の英文を読む速読力が要求されます。

読解力・応用力が特に重要な同志社や関大に比べて、単語・語法の暗記が特に重要です。

会話文問題、文法・語法問題、語句整序問題はそれほど難しくなく、一般的な参考書で十分対応できるレベルなので、基礎をしっかり固めたいところです。

「国際関係に関する英文読解」

全問記述で字数の指定はありませんが、解答用紙の解答欄の行数で大まかな字数指定が暗示されているので、それを目安に解答量を考えてください。ただ、解答欄に余裕を持たせているので、必ずしも解答欄全てを埋める必要はありません。例えば、解答欄が3行なら2行半くらいを埋めれば十分です。的を射た文章を書けるようにしましょう。本番の記述する語数は、約800~900語が目安です。

長文2題の出題で、それぞれ800語以上1000語未満の語数の構成となっています。1題に付き問題数が5問なので1題30分しかかけられず、また量も多いので、記述慣れをしておかないと大問2の途中で解答が終わってしまうことも十分あり得ます。実際、本番の大問2の解答率が4割切っていた年もありました。

この対策に関しては、国公立入試向けの記述形式の問題集(標準~やや難しいレベル)を1~2冊仕上げてください。

【学習のポイント】

文意を掴むことができたら、今度はそれぞれのパラグラフが何を言っているのかを、キーワードなどを使って短い語句で示して、内容を掴みながら次のパラグラフに進んで行くことが必要です。そうすれば、細かい部分も正確に把握でき、論理的な流れも正確に掴めるようになります。

語彙は、英語の成績を伸ばすための基本中の基本です。野球でホームランを打つためには、バッティングのセンスを磨くよりも先に、ある程度の筋力を身につけなければなりませんよね。それと同じように、長い文章を読んだり、文法問題を解いたりするためには、語彙は必須なのです。語彙を覚える際には、文字を目で見ただけで終わらせず、単語帳や参考書に付属されているCDなどで音声を聴いて真似をし、意味と音をセットで覚えるようにしましょう。

【学習のポイント】国際関係に関する英文読解

原爆や人道支援のような現代の国際関係における重要な課題については、日頃からニュースで状況を確認しておくようにしましょう。日本語での報道も良いですが、英文書かれたメディアから情報を集めるのも効果的です。読む際には、理由や根拠などを見失わないように、接続詞やパラグラフ全体に目を向けるようにしましょう。The Japan Timesがおすすめです。

立命館大学の英語は、文系・理系ともに、傾向に大きな違いはありません。どの学部もほぼ内容となっています。難易度はどこの学部でも標準的な問題が多いため、他受験生との差がつき難いことが特徴です。

立命館大の英語は長文読解と別に文法や語法問題がそれぞれにきっちり独立して構成されており、読解問題は読解力、文法問題は文法力と、受験生に求められている力が各設問によってかなりはっきりと色分けされています。

「長文読解問題」は、精読が重要

長文読解問題は、主に約700語と約600語の2題構成です。

制限時間内に解くには速読即解力が不可欠ですが、内容正誤や指示語の問題も多く、精読し、正確に文脈を把握する力も求められます。

一題は時事的なテーマが多く、もう一題は物語や小説などの比較的軽めのものが多いです。

立命館では長文問題に「本文からでは適当か不適当か判断のつかないもの」を選ばせる立命館独特の内容一致問題が出題されます。明確な根拠を持って答えられるようにしましょう。

ただ、総体的には文脈を追えば容易に回答できる基本~標準的な設問も多いです。

文脈把握力と構文力が問われる同志社・関大タイプとは異なり、長文問題では文脈の流れを掴みながら大量の英文を読む速読力が要求されます。

読解力・応用力が特に重要な同志社や関大に比べて、単語・語法の暗記が特に重要です。

会話文問題、文法・語法問題、語句整序問題はそれほど難しくなく、一般的な参考書で十分対応できるレベルなので、基礎をしっかり固めたいところです。

「国際関係に関する英文読解」

全問記述で字数の指定はありませんが、解答用紙の解答欄の行数で大まかな字数指定が暗示されているので、それを目安に解答量を考えてください。ただ、解答欄に余裕を持たせているので、必ずしも解答欄全てを埋める必要はありません。例えば、解答欄が3行なら2行半くらいを埋めれば十分です。的を射た文章を書けるようにしましょう。本番の記述する語数は、約800~900語が目安です。

長文2題の出題で、それぞれ800語以上1000語未満の語数の構成となっています。1題に付き問題数が5問なので1題30分しかかけられず、また量も多いので、記述慣れをしておかないと大問2の途中で解答が終わってしまうことも十分あり得ます。実際、本番の大問2の解答率が4割切っていた年もありました。

この対策に関しては、国公立入試向けの記述形式の問題集(標準~やや難しいレベル)を1~2冊仕上げてください。

【学習のポイント】

文意を掴むことができたら、今度はそれぞれのパラグラフが何を言っているのかを、キーワードなどを使って短い語句で示して、内容を掴みながら次のパラグラフに進んで行くことが必要です。そうすれば、細かい部分も正確に把握でき、論理的な流れも正確に掴めるようになります。

語彙は、英語の成績を伸ばすための基本中の基本です。野球でホームランを打つためには、バッティングのセンスを磨くよりも先に、ある程度の筋力を身につけなければなりませんよね。それと同じように、長い文章を読んだり、文法問題を解いたりするためには、語彙は必須なのです。語彙を覚える際には、文字を目で見ただけで終わらせず、単語帳や参考書に付属されているCDなどで音声を聴いて真似をし、意味と音をセットで覚えるようにしましょう。

【学習のポイント】国際関係に関する英文読解

原爆や人道支援のような現代の国際関係における重要な課題については、日頃からニュースで状況を確認しておくようにしましょう。日本語での報道も良いですが、英文書かれたメディアから情報を集めるのも効果的です。読む際には、理由や根拠などを見失わないように、接続詞やパラグラフ全体に目を向けるようにしましょう。The Japan Timesがおすすめです。